Category Archives: Music

AND THE FRIET – PLAYLIST JULY, 2015

atf_blog_july

今月のプレイリストはこちら。
気になる楽曲があれば、右側のiTunesウィジェットにてご試聴ください♪

————–
1.Aztec Camera – Oblivious
#アルバム”High Land ,Hard Rain”より
毎年夏が来る度に聴きたくなる、正しく”君に捧げる青春の風景”を音像化した究極のイギリス産ポップ・ソングのひとつ。季節というより、人生の夏を普遍的に感じさせる躍動と肯定、疾走感に溢れていて気が洗われる。

2.Nicolette Larson – Lotte Love
本人のルックスも含めて70年代後半の西海岸の雰囲気(ロック/ディスコ/レイドバック)が抽出されているNeil Young作名曲。今でもアメリカの日常的なダイナーやコーヒー・ショップでよく流れていますね。

3.Todd Terje – Preben Goes To Acapulco(Prins Thomas Remix)
タイトル通りのラテン・フレイクな原曲を適度なポップ感のあるミッド・テンポ・グルーヴァーに変換したPrins Thomasによるリミックス・ヴァージョン。中庸のテンションの気持ちよさを追究したようなトラック。

4.Miguel – Coffee
2015年最高のラヴ・ソングの一つである事は間違いないネオR&B名曲。歌詞も現代的なディテールに溢れていながら極めて普遍的、かつ滲み出る内股感覚という、ある意味最強の属性を持つ”朝のコーヒー”ソング決定版。

5. Georges Delerue – Camille 
色々な愛の形がありますが、男にとって身につまされる愛の映画、と言えば外す事の出来ない”軽蔑”のサウンドトラックよりメインテーマ。人生はカットバック出来ない、という事を思い知る曲。

6.Retiree – Gundagai
リリース作全てハズレ無しのロンドンの新レーベルRhythm Sectionより、ちょっと異色なオージー4人組。Kindness以降のモダン・ナード・ホワイト・ソウル群の中ではソングライティング&プロダクション・センスが抜きん出ている期待の新人。

7.Ron Basejam – When I Hear That Music
近年のイギリス産モダン・ブギーは、クラブでのウォームアップ時は勿論、通勤やドライブ時に最適なテンションのものが多いように思いますが、このトラックはその好例。嫌いな人がいないタイプというか、さりげない定番メニューのような曲。

8.Fra Lippo Lippi – Come Summer
タイトル通りロマンティックに夏の到来を告げる、80年代ノルウェイ産シンセ・ポップ・デュオによる隠れた名曲。本曲が収録されたアルバム”Songs”はメロウでポップな名曲を多数収録した名盤。 

9.Jaffa Surfa – Doin Hauz
ここ数年ポーランドやルーマニアといった東欧圏から音響的にも構造的にも新しいトラックが多くリリースされていて、この曲は少しファンキーですが、この手のミニマル・ハウスは聴いていると無になれるというか、思考的には研ぎ澄まされていきながら体は動く、という感じになるので運動や単純作業に向いている気がしますね。

10.Pacific Horizons – The Forest Electric(Kenji Takimi & Tomoki Kanda’s Being Borings Remix)
LAベースのサーフ・バレアリック・グループのトラックを、自分のユニットBeing Boringsがリミックス。いわゆるピアノ・ハウスにしていますが、いわゆる”上げ”をひととうり通過した耳に向けた”揺れ”がポイントでしょうか。
https://itunes.apple.com/jp/album/forest-electric-kenji-takimi/id907631674?i=907631727

11.DJ Koze – XTC
止まる事のない永遠の時間の流れを体現しているかのようなDJ Kozeの新曲。繊細だけど線は太く、単調にみえてさりげなく細かい緩急つけまくり、アフターフォローもばっちり、更にその後も、という、正に”わかっている”トラック。

12.Aretha Franklin – I say a Little Prayer
#アルバム”Aretha Now”より
最近この曲の素晴らしいRemixを聴いて感動したので久々に原曲を聴いてみたら、、、溢れ出る曲と声のパワー、歌詞(大きすぎる小さな願い)、演奏、その他いろいろ。やはり理屈を寄せ付けない強度のある音楽の、力のある部分を発見してみるのもいいものです。

選曲/文:瀧見憲司
Select &Text by Kenji Takimi

AND THE FRIET – PLAYLIST JUNE, 2015

今回はジャンル問わず”Early Summer”をテーマに選びました。
気になる曲があれば右のiTunesウィジェットで是非試聴してみてください♪

6月のプレイリストはこちら:

————————————————–
1.Beastie Boys – I don’t know
白人HIP HOPの代表格 ”Beastie Boys” が1998年にリリースした「HELLO NASTY」に収録された曲で、
HIPHOP色がほぼないボサノヴァ・ナンバー。

2.Lonnie Liston Smith & The Cosmic Echoes – Summer Days
アメリカ出身のピアノ・キーボード奏者 ”Lonnie Liston Smith”によるバンド。
実際はNYの賛歌だそうですが、曲自体はラテン乗りでとても爽やか。

3.BJ Smith – Runnin’
HIP HOP好きの方にはお馴染みの“Pharcyde”の「Runnin’」のフォーキー・ソウル・カヴァー。
どこか夏っぽいアコースティック・ギターの音と、バレアリック的な緩さが心地よい1曲。

4.Tommy Guerrero – 40 Summer
プロスケーターでもありミュージシャンでもある “Tommy Guerrero” によるまさに夏な1曲。

5.Joni Mitchell – Big Yellow Taxi
グラミー賞を何度も受賞している女性シンガーシングライター、”Joni Mitchell”の代表曲の1つ。

6.Antenna – Seaside Weekend
フレンチ・シンガーである彼女のデビュー・アルバム「EN CAVALE」に収録された
アコースティックが心地よいラテン〜ボザノヴァ・サウンド。

7.Jackie Mittoo – Oboe
ジャマイカのキーボード・レジェンド。ロック・ステディがとても心地いい1曲。

8.Jason Mraz – I’m Yours
4月からオンエアされている「グランドキリン」のCMソングとしても使用されているラブソング。

9.Tom Misch – Man Like You (acoustic cover)
ロンドン出身、若干19歳の才能溢れる注目アーティスト。
ヒップホップやジャズなどあらゆるジャンルを融合したサウンドや歌声が魅力的。

10.Bebel Gilberto – Momento
ボザ・ノヴァの神様とも言われる、”Joao Gilberto”を父に持つ、ブラジル出身のシンガー。

11.Anoushka Shankar & Norah Jones – Traces of You
シタール奏者 “Ravi Shankar”の2人の娘、”Anoushka Shankar” と “Norah Jones” のコラボレーション曲。

12.Tracey Thorn – Night Time (The xx Cover)
“Everything But The Girl”としても知られる、イギリスのシンガー・ソングライター。
The XXが自身のカヴァー・アルバムの制作に“Everything But The Girl”の2人に参加を依頼し実現。

13.Say Lou Lou – Glitter
スェーデン / オーストラリア出身の双子の美人姉妹デュオ。可愛いすぎるビジュアルでファッション業界からも、
ドリーミーなエレクトロ・ポップサウンドでもちろん音楽業界から注目のアーティスト。

14.Crystal Fighters – Plage
ダンス・ミュージックとバスク地方に伝わる伝統音楽の要素を融合したユニークなサウンドで注目を浴びた、
スペイン出身のバンド。

15.Kindness – Gee Up (Erol Alkan’s Extended Rework)
その音楽性はもちろん、ルックスもあって大注目のアーティスト”Kindness”のデビューアルバムに収録曲。
Erol Alkanのリミックスによってオリジナルの良さが倍増!